centos7 PHP5.6 PHP7.0 アップデート

CentOS7.1公式ではPHP5.4までなので
EPELとRemiリポジトリを追加してPHPのバージョンをあげてみた。

EPELリポジトリ追加

yum install epel-release

Remiリポジトリ追加

rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

現在のPHPバージョンを確認

rpm -qa | grep php

もしくは

php -v

念のため古いバージョンの削除

yum remove php-*

PHP5.6をインストール

yum install --enablerepo=remi,remi-php56 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-mysqlnd php-common php-cli php-xml php-xmlrpc

PHP7.0をインストール

yum install --enablerepo=remi,remi-php70 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-mysqlnd php-common php-cli php-xml php-xmlrpc

現在のPHPバージョンを確認

rpm -qa | grep php

もしくは

php -v

php.iniを編集

vi /etc/php.ini

php.ini

date.timezone = "Asia/Tokyo"

mbsting.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = UTF-8
mbstring.http_output = pass
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_charset = none

必要であればyumの設定

$ vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

# 次のセクションで無効化

[base]
enabled=0

[updates]
enabled=0

[extras]
enabled=0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証(CAPTCHA) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.