ファイルサーバ構築(samba 3.x)

FreeBSD用ファイルサーバ
Windowsとファイルを共有するサーバを構築します (samba 3.x)

動作環境:
7.2-RELEASE-p2
libiconv-1.13.1
samba-3.0.36,1

1.事前準備

libiconv(EUCJP-MS)のインストール
今回デフォルトで古いバージョンのlibiconvが入っていたので入れなおしました。

場所
/usr/ports/converters/libiconv

削除
#make deinstall

インストール
#make WITH_EXTRA_PATCHES=yes
#make install
#make clean

確認
#iconv -l | grep EUCJP-MS

EUC-JP-MS EUCJP-MS EUCJP-OPEN EUCJP-WIN EUCJPMS

EUCJP-MSが表示されればOK。

2.sanba3インストール

とりあえず途中に出るチェック項目は

【 LDAP , ADS , CUPS , WINBIND , ACL_SUPPORT , QUTAS , UTMP , PAM_SMNPASS , PORT 】

あたりをチェック。

smb.confの変更(設定変更した箇所のみ掲載)

/usr/local/etc/smb.conf

=== Global Settings ===

workgroup = samba           ;ワークグループ名を設定
server string = Samba(FreeBSD) ;ネットワーク上で表示されるサーバの説明
security = share           ;「share」の場合、すべてのユーザで共有、追記、削除が可能
hosts allow = 192.168.1.       ;許可するネットワーク
load printers = no          ;プリンタを接続していないのでNO

# Charset settings (文字コード設定)

display charset = EUCJP-MS      ;EUCJP-MSへ変更
unix charset = EUCJP-MS         ;EUCJP-MSへ変更
dos charset = CP932             ;CP93へ変更

=== Share Definitions ===

;プリントアウトはしないので;をつけコメントアウト

[printers]
; comment = All Printers
; path = /var/spool/samba
; browseable = no
# Set public = yes to allow user 'guest account' to print
; guest ok = no
; writable = no
; printable = yes

;共有ファイル設定

[share]
   comment = Shared Directories
   path = /home/share
   public = yes
   browseable = yes
   writable = yes
   create mode = 777

3.起動方法

自動起動の場合:
rc.conf ファイルの設定
samba_enable=”YES”

手動起動の場合:
/usr/local/etc/rc.d/samba start
/usr/local/etc/rc.d/samba stop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証(CAPTCHA) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.