webmailシステム ilohamail インストール

普通のPHPファイルなのでレンタルサーバにもFTPでアップして導入できます。
レンタルサーバに導入する場合は下記のilohamail設定をするだけで導入できます。

今回はFreeBSDに導入しました。

検証環境:
FreeBSD8.0
– apache-2.2.11_4
– perl-5.8.9_3
– php5-5.3.2

ilohamail
http://blog.ilohamail.org/

Download
http://ilohamail.org/main.php?page=Downloads

1.準備

導入前提条件 : apache、phpインストール済み

ilohamailインストール

cd /usr/ports/mail/ilohamail
make install clean

2.ilohamail設定

ilohamail/conf/conf.inc

$backend = "FS";   //SQL使用はDBなど

$AUTH_MODE["imap"] = "plain";
$AUTH_MODE["pop3"] = "plain";	// apop など
$AUTH_MODE["smtp"] = "";	// auth など

$SMTP_SERVER = "localhost";	// 指定の送信サーバ( smtp.****.co.jp など)

・ログイン画面をカスタマイズする場合は変更

カスタマイズ前         カスタマイズ後
ilohamail/conf/login.inc

$default_host = "pop.****.jp";
$default_port = 110;	// 143 for IMAP , 110 for POP3
$default_lang = "jp/";

$hide_host = 1;		// 1 = Hide , 0 = Show
$hide_protocol = 1;
$hide_rootdir = 1;
$hide_lang = 1;

ilohamail/conf/defaults.generic.inc

$init_from_address = ""; //for "user@host"

デフォルトだとログイン時に指定したサーバが指定されるので
例えば
pop.****.jp などの場合は ユーザ名@pop.****.jp が
送信メールアドレスになってしまうので変更。

例:

$init_from_address = "%u@****.jp"; //for "user@host"


メッセージ作成画面    設定画面            受信箱画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証(CAPTCHA) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.