Ubuntu USBメモリ起動用インストール

UbuntuをハードディスクからではなくUSBメモリ等から起動用の大まかなメモです。
作成時に先頭パーティションをFAT32で領域を作成しておくとwindowsとのデータの
やり取りが便利です。

Ubuntu
http://www.ubuntulinux.jp/

・インストール方法

ubuntu_install

CD起動から起動したらUbuntuのインストールを選択。
途中はほとんどそのまま『進む』を選択

ubuntu_disk

『手動でパーティションを設定する』を選択

ubuntu_partition ubuntu_partition2

USBメモリがささっているパーティションを選択。
この場合は /dev/sdc がUSBメモリ、/dev/sda がハードディスク。
一旦、該当(USBメモリ)のパーティションを削除後、追加にてそれぞれ割当。

サンプルは6GのUSBメモリを、1G(FAT32)、4.5G(ルート)、500M(スワップファイル)
にしています。

先頭パーティションをFAT32にしているのはwindowsにUSBメモリを接続したとき
フォルダを読み書き出来るようにするためです。

windowsでは先頭パーティションだけ読み込めますので
先頭以外にFAT32領域を作成しても読み込みません。

必要なければルートとスワップファイルの作成だけで大丈夫です。

ubuntu_end ubuntu_end2

インストール準備完了の確認画面になりましたら右下の拡張をクリック。
ブートローダの設定画面にて、デバイスをUSBメモリのものを選択。
最後にインストールを押して作成完了。

以上にて、USBから起動できるubuntuの作成完了です。
PCはUSBから起動できる状態にしてあれはUSBメモリから起動できます。

Ubuntu USBメモリ起動用インストール” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証(CAPTCHA) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.