Portable Ubuntu for Windows

USBメモリに入れて持ち運べるubuntuです。
前回の記事のとは違いwindowsからエミュレートしてubuntuを起動します。
windowsのアプリケーション(ソフトウェア)として動作します。
当然、エミュレートするのでそれなりのマシンスペックは必要です。

Portable Ubuntu for Windows
http://portableubuntu.demonccc.com.ar/

検証環境:
Portable_Ubuntu_DOS_release_4(3.3.0.0)Ubuntu 9.04

1.準備

上記サイトより圧縮ファイルをダウンロード後、解凍。
参考に解凍は4G程度の空き容量が必要です。

解凍後、Portable_Ubuntu_DOSフォルダが作成されるので
フォルダの中にあるpubuntu.exeをクリックにて起動。

pubuntu_start
起動直後の画面(windowsのデスクトップ上部にアイコンが出現)

2.初期設定(日本語化)

Portable Ubuntu は日本語版はまだないので
英語版を日本語化する形になります。

・software sources(ダウンロード先)を日本のサーバに変更

途中パスワードの入力を求められたら初期設定の「123456」、
変更してた場合は変更後のパスワードを入力

pubuntu_software pubuntu_software2
Source codeのDownload from の右側をクリック日本のサーバを選択

選択後closeボタンをクリック、メッセージが出たら「Reload」をクリック、
次に再起動を促すメッセージが出たら「Close」をクリック。

以上でダウンロード先の変更完了

・Language Suppot(日本語化)

pubuntu_longuage pubuntu_longuage1
install/Remove Languages をクリック

pubuntu_language2
Installed Languages からJapanese を選択
pubuntu_language3 pubuntu_language4

Portable Ubuntu も終了してもう一度起動するとパネルが日本語で表示されます。

・タイムゾーンの設定

pubuntu_timezone
日時表示の部分をクリック、編集をクリック。
場所タブ ⇒ 追加 (タイムゾーンを日本)

以上でおおまかな日本語化終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証(CAPTCHA) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.