ubuntu 最小インストール MinimalCD

MinimalCDを使用してネットワークインストールを使用すると
xubuntuやkubuntuなどディストリビューションを選択しながらインストールできるので便利です。

前回のPortable-VirtualBox上でUSBを認識させてUSBメモリにもインストール出来ます。

MinimalCD
https://help.ubuntu.com/community/Installation/MinimalCD

今回はVirtualBoxからUSBメモリにインストールしました。

1.準備

上記URLよりMinimalCD用の mini.iso ダウンロードしてインストールCD作成

2.インストール

下記はポイントとなるところのみ掲載
VirtualBoxからMinimalCDを起動
ubuntu_0

途中ディスクのパーティショニング画面にて
USBメモリが認識していない場合は差しなおした後、一旦戻るを選択
ubuntu_1

ディスクの検出を選択 ⇒ 使用するUSBメモリを選択
ubuntu_3 ubuntu_6

パーティションの作成
先頭パーティションをFAT32フォーマットにしておけばwindowsとファイル共有しやすくなります。
ubuntu_7 ubuntu_8 ubuntu_9
参考に今回は8GのUSBメモリを下記のように内訳

ubuntu_10 ubuntu_11
問題がなければディスクへの書き込み

途中ソフトウェアの選択画面では使用するディストリビューションを選択
ubuntu_12

ディストリビューションを選択しないで終了した場合でもあとでコマンドプロンプトより
好みの X Window System をインストールできます。
下記は参考資料

X Window Systemを起動するためのxinitをインストール

sudo apt-get install xinit

LXDE

$ sudo apt-get install lxde
$ startx

Xfceを採用した軽いxubuntu

$ sudo apt-get install xubuntu-desktop
$ startx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証(CAPTCHA) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.