格安VPSサーバにUbunts10.10インストール

Serverman@VPS Entry (490円/月)
http://dream.jp/vps/

DTIのVPSサーバでCentos6系入れてましたが、
6.5へアップデートしたらログインできなくなったので
気分的にOS入れ替えてみた(`・ω・´)ゞ

DTIではアップデートは保証外で
バージョン6.3以外は保証しないらしい。。

yum update したらアップデートしちゃうじゃん(`・ω・´)ゞ

■準備

登録から10分程度でSSHの接続が出来るので
ログイン後、念のため、Ubuntsのバージョン確認

#lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 10.10
Release:        10.10
Codename:       maverick

■ユーザ追加

一般ユーザーを追加、パスワードを設定

# adduser hogehoge

Adding user `hogehoge' ...
Adding new group `hogehoge' (1001) ...
Adding new user `hogehoge' (1001) with group `hogehoge' ...
Creating home directory `/home/hogehoge' ...
Copying files from `/etc/skel' ...
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: password updated successfully
Changing the user information for hogehoge
Enter the new value, or press ENTER for the default
        Full Name []: hogehoge
        Room Number []:
        Work Phone []:
        Home Phone []:
        Other []:
Is the information correct? [Y/n] Y

useradd コマンドだとホームディレクトリとか作成してくれないため
adduserコマンドを使用

■root権限でのアクセスを禁止

rootでのログイン禁止設定
sshd_configの設定内容を変更

# vi /etc/ssh/sshd_config

上記、sshd_configの「#PermitRootLogin yes」の項目を「PermitRootLogin no」へ変更

#PermitRootLogin yes
PermitRootLogin no

sshdを再起動

# /etc/init.d/sshd restart

■なんとなくHost名の変更

デフォルトのHost名だとがHost名が長かったり、名前も微妙な為、変更。

networkファイルの編集

#vi /etc/hostname

わかりやすいようにホスト名を変更

hogehoge

次に、hostsファイルの編集

# vi /etc/hosts

下記の[Host名]の所も同じHost名へ変更

127.0.0.1 localhost.localdomain localhost [Host名]

■iptablesの設定

ポート確認(初期の設定 全空き)
iptables -nL:現在設定中のiptablesの設定情報を確認するためのコマンド。

# iptables -nL
Chain INPUT (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination

Chain FORWARD (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination

Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination

Serverman@VPSではSSHが3843番ポートを使用するので
外部からの3843番ポートへのアクセスを許可

# iptables -A INPUT -p tcp --dport 3843 -j ACCEPT

データ送信の応答受信の許可

# iptables -A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

その他を塞ぐ

# iptables -P INPUT DROP
# iptables -P FORWARD DROP
# iptables -P OUTPUT ACCEPT

確認

# iptables -nL
Chain INPUT (policy DROP)
target     prot opt source               destination
ACCEPT     tcp  --  0.0.0.0/0            0.0.0.0/0           tcp dpt:3843
ACCEPT     all  --  0.0.0.0/0            0.0.0.0/0           state RELATED,ESTABLISHED

Chain FORWARD (policy DROP)
target     prot opt source               destination

Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination

順番を間違えて先にDROPを設定してしまうと全拒否になりログインできなくなります。。

iptablesの設定保存

#/sbin/iptables-save -c > /etc/iptables

iptablesの自動起動
/etc/network/if-pre-up.d/ 配下にスクリプトを設置
iptables_start

#!/bin/sh
/sbin/iptables-restore < /etc/iptables
exit 0

スクリプトに実行権限を付加

# chmod +x /etc/network/if-pre-up.d/iptables_start

■接続元のアクセス制限の設定
hosts.allowファイルの編集

# vi /etc/hosts.allow

hosts.allow の編集
IPアドレス指定の場合

sshd: xxx.xxx.xxx.xxx

ドメイン指定の場合

sshd: ドメイン名.jp

とりあえず気分的に初期設定はここまで(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証(CAPTCHA) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.